スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
浴衣づくり
夏の風物詩 七夕祭り・盆踊りに向けて
浴衣づくりに挑戦 してみました。
これも、憧れのお裁縫生活活動の一環
細部を見れば一目瞭然のド素人ぶりですがなんとか完成

RIMG1793ss_20100713134706.jpg

ラムネ色の兵児帯をまいてぇ
髪はやっぱりアップかなぁなんて考えていましたが、
実のところ当日はみごと に、
結膜炎(流行ってる。。)による目の腫れで参加できず、、でした。
幼稚園の先生方に仕込まれた“あられちゃん音頭”の舞も見れずでしたわぁ

が、これは浴衣のいいところ
来年再来年くらいまでは余裕できれちゃうので大事にしまっておくことに
なので今回の写真は平置きにて撮影
来年はこれを着て蝶のように舞って欲しいと願う母でした

スポンサーサイト
2010-07-13 14:01 | MY BABY + DIARY | Comment(3) | Trackback(0)
入園準備
園生活スタートまであと少し。
そこで、おはようからいってきますまでプチシュミレーション、
「一人で朝のしたくをしてみよう」を実施。

制服と帽子でファッションショーを一通りした(30分)あと、
園バックにおもちゃを詰め込んじゃった。。。
つめるおもちゃ選びに集中(25分)し、
いってきますもすっかり忘れちゃった
あらあららぁぁぁ。。。

もう少し練習します。。


2010-04-05 01:44 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(1)
白ヤギさんからお便りついた
ゲンキデスカ ボンバイエ

友人からの心ある贈り物はとてもうれしいものですね
娘の要望により、パッチンピン4連づけ
サンキューアミーゴ m.e.g

2010-04-02 00:34 | MY BABY + DIARY | Comment(1) | Trackback(0)
続 入園グッズ制作
引き続きの入園グッズ制作。
やっとできました

RIMG0031s.jpg
刺繍入り リバーシブル連絡帳入れ 

RIMG0055s.jpg
タオル(ボイルワッシャー+薄手タオル+トリプルガーゼ)と
ハンカチ(ボイルワッシャー+ダブルガーゼ

いろいろと改良の余地ありなのですが、とりあえずは完成
ノープランの勢いで進めたわりにはうまくいった
進行具合を娘に見せ、ニヤニヤをもらっていたグッズ達ですが、
改めて使用感をきいてみようかと思います。
あ~、もうすぐ入園、緊張します、ままが。

2010-04-01 23:35 | MY BABY + DIARY | Comment(5) | Trackback(0)
入園グッズ制作
4月の幼稚園入園に必要なグッズとやらが結構あるんですね
市販OKから手作り指定までいろいろだったのですが、
兼ねてから、お裁縫生活に憧れていたわたし。
ほぼ初心者ながら、よせばいいのに、、無謀を承知で、、
なんでもかんでも、基本、全・手作りを 決行 

連日の夜なべで、お肌カサカサですが、
ここまでで、どうにか完成した一部グッズ↓

RIMG0547m01.jpg
絵本バック+靴袋

RIMG0545m02.jpg
体操服入れ+スモック入れ+ティッシュケース

RIMG0527m04.jpg
防災頭巾入れ

RIMG0531m03.jpg
ナプキン+お弁当箱入れ+コップ入れ+カトラリー入れ


残るは
連絡帳入れ、ハンカチ、タオル。
気合と乙女心でとりかかります


2010-03-19 00:13 | MY BABY + DIARY | Comment(6) | Trackback(0)
子供乗せ自転車 最終章
d_img_angee_black[1]_s

なんでもいいから早く決めろ!という声を尻目に、
あーでもない、こうでもない、
となかなか決めかねていた子供乗せ自転車
選考候補が現実的でなくなってきたので、
そろそろ決めてみました
今、我が家の室内玄関先に堂々と鎮座しているのは、
angee N + Hamax スマイリー

娘の幼稚園がお山の上にあり、
非日常的な坂を越えての送り迎えに備え、
原動機付であるのははずせない。
と限られてきた中、
assist さんにてほぼ一目惚れ状態の
ハート angee N マットブラック ハート

電話での事前調査で、
本当はちがう自転車を購入予定だったのにもかかわらず、
そして
後輪のスポークが短いのは他の自転車に類を見ないため、
折れた場合の対応に時間がかかるなどという
不安要素がありつつも、、
即決
見た目だけではなく、安全性と安定性はもちろん、
気の利いた機能(キノキイタキノウ)にも十分満足した上で

目下の問題は、
大事さあまって、室内に運びいれているのですが、
狭い我が家とそのエレベーターに入れるのは、
そりゃあ大変で。。
後輪が重いのでコツをつかむまでは、
プチぎっくり腰も経験
来春の通園までは共同生活予定ですわぁ

sRIMG0771_20091223034934.jpg

追記 

CSP509;Warehouse;Warehouse[1]
HAMAX専用ポンチョ
足までかなりあったかく冬場の走行にもってこいらしい。
ほしい!けど、できるだろうか。。個人輸入。。

「iBert safe T」
アイバート セーフティシート

ドイツレーマー社のジョッキー02
ドイツレーマー社のジョッキー01
ドイツレーマー ジョッキー

レーマー社の製品でジョッキー・リラックス01
ドイツレーマー ジョッキー・リラックス

HAMAX PLUSのチャイルドシート
ハマックス プラス

コパイロットのリモ
コパイロット リモ

BELLのコクーン
ベル コクーン

同じくBELLのスポーツ
ベル スポーツ
2009-12-30 02:33 | MY BABY + DIARY | Comment(5) | Trackback(0)
岡本太郎美術館
sRIMG0023.jpg

年内最終日の岡本太郎美術館
駐車場から173段の急な階段を超え
やっと美術館入り口

本日は、
佐内正史氏の企画展
「対照 佐内正史の写真」を観にきました
佐内氏は、naahaaが2つめのお勤め先として
大変大変お世話になった方

企画展での開催なのですが、常設展ともコラボしてて、
その遊びっぷりに思わずぷ。
ボタンの仕掛けも1つあるのですが、
それを教えてくれた係員のかたも思わずぷ。
そういう意味でも素敵な展覧会でした

2009-12-27 03:26 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
オアシスvol.2
ssRIMG0448.jpg


2009-12-26 04:14 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
メリー...
クリスマス・ピース!!!


2009-12-24 23:09 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
子供乗せ自転車 検討中 vor.2
Taga_s.jpg
TOGA

[1]
BO BIKE

[2]

[3]
クリスチャニアバイク

もう現実的な選考ではなくなってきた。。
もとい、ご近所で見つけた子供乗せ↓

RIMG1080_s.jpg

2009-12-23 01:52 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
カゼ襲来 vol.2
先日の熱性けいれん以降、
3日間ほどは高熱であったり下がったりの不安定が続く。
娘フラフラレロレロ
熱が下がってきたとともに鼻水が増え、小児科にてお薬を処方。
どうやら風邪のようす。
便は正常であったりくだしていたり不安定。
さまざまな不安要素とともに、
いつぞやまた高熱が出てけいれんを起こすのではないかと、、
その場合、こんどこそは冷静な対応を
気をはりつめていたせいか、
やってしまったよ。。。7日夜、母naahaa発熱
最悪のパターンだ

じつに10年以上ぶりの39℃で
母フラフラレロレロ
カゼ襲来
なんだか今年の風邪はひつこいようで、
娘も私もいまだに続く鼻水体のだるさ
今年の病気は今年のうちに
枕もとに保湿ティッシュと体温計と熱さまシート
必須です
みなさまお気をつけくださいまし

2009-12-14 01:04 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
カゼ襲来 vol.1
熱性けいれん(ひきつけ)について

38℃以上の発熱をともなったひきつけのことで、
特に熱が上がるときに起こりやすいという特徴がある。
赤ちゃんや幼児が起こす、ひきつけやけいれんは、
熱性けいれんがほとんど。
乳幼児の脳は未成熟であるため、高熱が出ることで
脳細胞が興奮して体がけいれんを起こすと考えられている。
生後6ヶ月~6歳、中でも3歳代までの乳幼児に多く、
15人に1人ほどの割合で起きるといわれ、珍しい病気ではない。
症状としては、
目が白目になり、歯を食いしばり、体が硬直する。
両方の手足を突っ張らせて意識をなくし、
名前を呼んでも反応しなくなる。

このような状態は2~3分でおさまり、
そのあとはほとんどが寝てしまう。
熱性けいれんの発作は、生命にかかわることは、まず、ないが
てんかんや、脳炎、髄膜炎の疑いもあるので
落ち着いてけいれんの様子を見、時間を計っておくとよい
熱性けいれんは、乳幼児期に2~3度経験する人が多く、
はじめて発作を起こした子供の1/3はもう1度くりかえす。
ひきつけ・けいれんを症状とするありふれた病気のなかでは
熱性けいれんがダントツに家族歴、遺伝歴が多い



先々週2日、むすめがひきつけをおこした。
育児書ではざっと目を通していたものの、
目の前にして、そうとう焦りました。。。
わけのわからないものに娘がうばわれていく、、というような恐怖。
今になってみれば大げさに思いますが、その時は
そういった恐怖が一番に立ち、母親ながらそうとう動揺してしまいました
かかりつけの小児科にかけこみ、けいれん止めの座薬にて安静に。
小児科の受付で診察券と保険証が財布から出せないほど
手が震えていたのを覚えています。
翌日の検査でもインフルエンザではないと診断されましたが、
相変わらず高熱が続き、座薬の作用か、
フワフワフラフラと足元がおぼつかず、言葉もレロレロなので
引き続き自宅にて安静。
                         つづく



発作の強烈な症状だったので、脳はどうなっちゃったのか気になったので
調べてみました↓ご参考までに

◆ひきつけ(熱性けいれん)のときの頭の中について
脳が異常に興奮し、混乱状態になったときの症状のひとつ。
体を動かしているときは、脳の中でさまざまな情報を処理している。
そのときに情報は電気信号という形で、
神経細胞から神経細胞へと伝わっていく。
しかし、なんらかの原因で電気がとめどなく流れると、
神経細胞が異常な興奮状態に陥り、周囲の神経細胞をも
次々と興奮の渦に巻き込んでしまう。
脳には「興奮性神経系」(車でいうアクセルのような役割)と
「抑制性神経系」(ブレーキのような役割)の2つの神経系があり、
つねにバランスを保っている。
ところが発熱やなんらかの脳の障害によって、
興奮性神経系が活発に働いたり、あるいは、
抑制性神経系の働きが弱まったりすることがある。
この結果、興奮性神経系が優位になり、
興奮した脳は通常では考えられない指令
体の各部に伝え、ひきつけを起こす。

2009-12-13 23:50 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
THE TITLE PAGE
inf_sk3_ph01[1]

温厚でミステリアスなお人柄の写真家 熊谷聖司さん。
氏の最新写真集その名も 『THE TITLE PAGE

yu02ss.jpg

ちょとした縁と機会があり、娘の写っている写真↑が採用されています
(+naahaa下半身スマイル)。

それにしても何でしょうこの、
ぬめっとした緊張感のある写真は
1枚の写真にストーリーが充分に感じとれます
すごいなぁ不思議だなぁSponge Bob

それにしても、見る人によってそのストーリーが
微妙に違うっていう面白さは、写真ならではだなぁと。
パッとみてかわいい!とかきれい!という写真でも
じっとみてると怖くなってきたりするのも写真ならではだなぁと。
久しぶりに写真集を観たくなってきました

娘がじっとできるようになってきたら、
私も連写設定を卒業して、
バシッと記録していきたいもんです、バシッと

2009-11-25 01:03 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
下北沢のオアシス
RIMG0008ss_20091108225433.jpg

今日、改めて思う。
旧友はいいもんだ。
街が変わろうとそこがすきなのは、
ひとえに古き良き友がいるからですね。
そこの記憶と人が私を癒します
オアシス


↑そんな三十路の思いからスタート絵文字名を入力してくださいですが、
今日は、良き友の愛息子a.k.a hal に会うべく、
naahaa親子は重すぎる腰をあげました。
3歳になった娘はどんな社交をみせてくれるのかと
不安と期待で胸がいっぱい。。

まずは軽くお姉さん風をふかせてみたり、

かるくお近づきになってみたりでしたが、

トータル的に てんやわんや でした

すっかり母親・父親になっていたり、
娘の遊び相手になっている友人の姿を見るのは
面白くて、少しくすぐったくて
そういう時 (だけ) は
この年になってよかったな、と思えるので好きです。
そうしゅっちゅういけない分
こういう時間は  かと思います。
サンキューアミーゴ

っっっさっ、明日からまた はじめようっ

2009-11-08 22:56 | SPECIAL !!! | Comment(8) | Trackback(0)
幼稚園
選びからはじまり、見学会・体験入園・運動会参加
説明会・願書提出・親子面接。
今年6月くらいからなんだかんだと常に頭にあった
気にかかること、そう、幼稚園決め
3日、ついに合格通知を受け、一安心絵文字名を入力してください

地元の私立幼稚園で、基本的には落とされないらしいが、
とはいえ、願書提出での行列ぶりや、
子供の面接→親子面接や簡単なテストがあると知って、
着ていくもの選びの段階で
そうとう緊張しっぱなし のnaahaaでした。
当日は、いつものとおり、暴走ぶりを発揮してくれた 娘。
親子面接ではその暴走ぶりをやさしく報告をされ、青ざめるがっくり
面接後、翌日の合否を聞くまでの、ソワソワ感ったら、心臓によくない。

幼稚園決めは、娘の特性や性格、資質などを
改めてよく見、感じ、想ういいきっかけになったのは間違いなく、
以前よりははるかに“”というものが
出てきていることに驚く+嬉しい気持ちになった。
幼稚園通いを機にまた少しづつ芽生えていくんだろうね。
来年4月までのあと5ヶ月弱、
マンツーライフを楽しもうかと思いましたぁ

2009-11-06 01:25 | MY BABY + DIARY | Comment(6) | Trackback(0)
思うこと
先日、娘が指に怪我をした。
幸いにも大事にいたらず、経過も順調。
いまや絆創膏程度。
と、そういったこともあって、思った。

娘が、5体満足に生まれ、
3歳1ヶ月にいたるまでの健康の日々を、
当たり前だと思ってはいけない、と。

不条理で小憎らしいときもあるし、
言うことを聞かず心身ともに疲れる時もある。

けど、やっぱり健康で生きている毎日毎時は
ただそれだけでもう100点満点で、
恵まれているし、幸運で、幸せ。

不慮の事故などで
最愛の子供をなくされた親御さんの気持ちを思うと
想像だけで気持ちが張り裂けそうになる。

娘が生まれて一緒に生活して、
一顰一笑、喜怒哀楽の情はもとより
感情・明暗のすみずみにまで
思いが行き渡るような毎日が過ぎている。
こんな毎日が続きますように。。
私にも、みんなにも。

と、この大嵐のなか一人思う。
(そのためにも、早く寝よう。。おやすみなさい。)


2009-10-08 03:42 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
フロリーナ
指先を動かして何かをつくるという
遊びをするようになった彼女
そんな最中、かなりビンゴな贈り物
その名も[フロリーナ]
花や茎、葉っぱを上手に組み合わせて楽しむ
ファンタジーなジョイント遊び
早速食いついてましたぁ(親も)
はさんだり、さしたり、まわしたり、
たまにかじったり(ままにしかられる)しながら、
何か作ってました。
とはいえ、初挑戦
即効くずれたよ

サンキューアミーゴ・awameg

2009-09-26 23:58 | TOY + BOOK & more | Comment(2) | Trackback(0)
ホリスティック アロマテラピー
心(精神、魂)と身体のバランス全体を整え
私達自身が持っている自然治癒力を高めようという
東洋医学と発想と西洋のアロマテラピー(芳香療法)を
組み合わせた新しい療法

実際にとりいれている医療機関やスポーツトレーナーもいる
との記事を目にし興味大
確かに気持ちの(心の)有りようで
いかようにも日常が変わるという感じは体感したことはある、
ことに育児において
弱りがちな精神
精油の作用を利用するというのは いいじゃないアップロードファイル

ってはじめました、
あらゆる粘膜から自然の作用を取り入れて
セルフメディケーション ~ホリスティック・アロマテラピー編~
はじめて1ヶ月、個人的には親子ともに早速の効果あり
香りが気持ち良いからなのか、成分が作用しているからなのか、
そのへんはよくわかりませんが、とにかく
あらゆるシーンで穏やかめに変化してきたように思う

私達親子にこれから起こる(であろう)あらゆる変化に備え、
ヨガ+レメディー+アロマテラピーで、
心(精神、魂)と身体のバランス全体を整えよぅ 顔4
かと思います。

2009-09-18 00:52 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
お・誕生日
娘も今日で3歳
私と娘の人生が重なりあって3年目
思い返せば、いろいろあり、
いろんな角度でとにかく濃かったのは確かでした
[人は産んですぐに親になれるわけじゃない]
との言葉をフと思い出しました。
目の前のことに手一杯な毎日でしたが、
3年前よりそれらしくなったのだろうか?
な~んて、ぼんやり考えたりしていました。
まっ、一緒に育つつもりでこれからも望んでいこうかと
よろしく、相棒

2009-09-02 22:55 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
今日の引用 vol,1
子どもの望んだことに、望んだとおりに
こたえてあげることの大切さについてお話いたしました。
ところが、子どもたちからのいろいろな要求に対して、
どこまでこたえてあげるのがいいのか、すこしお話をしていきます。

(中略)
それは、満たしてあげればいいんですよ。
子どもは気持ちを満たしてほしいから、そういっているのです。

(中略)
どこまでか―基本的にいえば、
子どもが「もういい」というまでしてあげるのが一番ですね。
そうすれば子どもは安心して、しっかりと自立していきます。
「もういい」というまで親がどれだけ待ってあげられるか
ということです。

(中略)
子どものそういう気持ちを、親が充分にわからなかったり
親の一方的な感情を子どもに押し付けていると、
子どもがあれこれと際限なく要求してくるように
思えてしまうのですね。
子どものいうことを聞いてばかりいると、
どんどん図に乗るとか思ってしますのです。
子どもは図になんか乗りませんよ。多くの場合は真剣な要求です。
子どもたちが安定した情緒の発達をするために必要な、
そして切実な気持ちだと思います。

(中略)
子どもは「もの」では満たされません。
「もの」以外での要求をたくさん満たしてあげていれば、
それだけ子どもは「もの」を要求しないものだと。
これは決定的なことだと思えました。
ようするにお金ではなく、心や手をかけると
いうことです。そのやり方はそれぞれの家庭で
いろいろあると思います。

(中略)
子どもの要求がエスカレートするようにみえることがあります。
そういうときは、たいてい、要求の充足のしかたが、
足りない場合が多いですね。
過去の満たされなかった時間が長ければ長いほど、
その不足分が多ければ多いほど、要求はエスカレート
するもので――子どもというのは要求が満たされると
それ以上のことはいってこないものです。

(中略)
たとえば、子どもが「おんぶ」といえば、
「そうかい」といっておんぶしてあげる。
なにも長時間おんぶする必要はないんです。
「次の電柱の所までね」とか、子どもの心を満たして
あげればいいわけですから、そっちの方が
自分が大切のさせれいるということが、
実感として子どもに伝わります。

(中略)
子どもは本当に自分を大切にしてくれる
人を信じるし、大切にされている自分に安心するものです。


[続 子どもへのまなざし
―育児についてのさまざまな質問―より一部抜粋
]

娘が寝た後、特にスムーズでなかった時などに、
読むいくつかの本があります。
その中でもこれは頻度が高く、
自然とやさしい気持ちになれるので、割と好きです
娘は、大切でかけがえのない存在であるとわかっていても、
毎日の生活で見落としてしまう きもっち
怠慢な態度は案外あって、
反省と再確認の意味を込めて。
今日の反省テーマは[ 娘の要求について ]でしたぁ

2009-08-28 00:14 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
<Prev
06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。