スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
子供乗せ自転車 最終章
d_img_angee_black[1]_s

なんでもいいから早く決めろ!という声を尻目に、
あーでもない、こうでもない、
となかなか決めかねていた子供乗せ自転車
選考候補が現実的でなくなってきたので、
そろそろ決めてみました
今、我が家の室内玄関先に堂々と鎮座しているのは、
angee N + Hamax スマイリー

娘の幼稚園がお山の上にあり、
非日常的な坂を越えての送り迎えに備え、
原動機付であるのははずせない。
と限られてきた中、
assist さんにてほぼ一目惚れ状態の
ハート angee N マットブラック ハート

電話での事前調査で、
本当はちがう自転車を購入予定だったのにもかかわらず、
そして
後輪のスポークが短いのは他の自転車に類を見ないため、
折れた場合の対応に時間がかかるなどという
不安要素がありつつも、、
即決
見た目だけではなく、安全性と安定性はもちろん、
気の利いた機能(キノキイタキノウ)にも十分満足した上で

目下の問題は、
大事さあまって、室内に運びいれているのですが、
狭い我が家とそのエレベーターに入れるのは、
そりゃあ大変で。。
後輪が重いのでコツをつかむまでは、
プチぎっくり腰も経験
来春の通園までは共同生活予定ですわぁ

sRIMG0771_20091223034934.jpg

追記 

CSP509;Warehouse;Warehouse[1]
HAMAX専用ポンチョ
足までかなりあったかく冬場の走行にもってこいらしい。
ほしい!けど、できるだろうか。。個人輸入。。

「iBert safe T」
アイバート セーフティシート

ドイツレーマー社のジョッキー02
ドイツレーマー社のジョッキー01
ドイツレーマー ジョッキー

レーマー社の製品でジョッキー・リラックス01
ドイツレーマー ジョッキー・リラックス

HAMAX PLUSのチャイルドシート
ハマックス プラス

コパイロットのリモ
コパイロット リモ

BELLのコクーン
ベル コクーン

同じくBELLのスポーツ
ベル スポーツ
スポンサーサイト
2009-12-30 02:33 | MY BABY + DIARY | Comment(5) | Trackback(0)
岡本太郎美術館
sRIMG0023.jpg

年内最終日の岡本太郎美術館
駐車場から173段の急な階段を超え
やっと美術館入り口

本日は、
佐内正史氏の企画展
「対照 佐内正史の写真」を観にきました
佐内氏は、naahaaが2つめのお勤め先として
大変大変お世話になった方

企画展での開催なのですが、常設展ともコラボしてて、
その遊びっぷりに思わずぷ。
ボタンの仕掛けも1つあるのですが、
それを教えてくれた係員のかたも思わずぷ。
そういう意味でも素敵な展覧会でした

2009-12-27 03:26 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
オアシスvol.2
ssRIMG0448.jpg


2009-12-26 04:14 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
メリー...
クリスマス・ピース!!!


2009-12-24 23:09 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
子供乗せ自転車 検討中 vor.2
Taga_s.jpg
TOGA

[1]
BO BIKE

[2]

[3]
クリスチャニアバイク

もう現実的な選考ではなくなってきた。。
もとい、ご近所で見つけた子供乗せ↓

RIMG1080_s.jpg

2009-12-23 01:52 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
カゼ襲来 vol.2
先日の熱性けいれん以降、
3日間ほどは高熱であったり下がったりの不安定が続く。
娘フラフラレロレロ
熱が下がってきたとともに鼻水が増え、小児科にてお薬を処方。
どうやら風邪のようす。
便は正常であったりくだしていたり不安定。
さまざまな不安要素とともに、
いつぞやまた高熱が出てけいれんを起こすのではないかと、、
その場合、こんどこそは冷静な対応を
気をはりつめていたせいか、
やってしまったよ。。。7日夜、母naahaa発熱
最悪のパターンだ

じつに10年以上ぶりの39℃で
母フラフラレロレロ
カゼ襲来
なんだか今年の風邪はひつこいようで、
娘も私もいまだに続く鼻水体のだるさ
今年の病気は今年のうちに
枕もとに保湿ティッシュと体温計と熱さまシート
必須です
みなさまお気をつけくださいまし

2009-12-14 01:04 | MY BABY + DIARY | Comment(2) | Trackback(0)
カゼ襲来 vol.1
熱性けいれん(ひきつけ)について

38℃以上の発熱をともなったひきつけのことで、
特に熱が上がるときに起こりやすいという特徴がある。
赤ちゃんや幼児が起こす、ひきつけやけいれんは、
熱性けいれんがほとんど。
乳幼児の脳は未成熟であるため、高熱が出ることで
脳細胞が興奮して体がけいれんを起こすと考えられている。
生後6ヶ月~6歳、中でも3歳代までの乳幼児に多く、
15人に1人ほどの割合で起きるといわれ、珍しい病気ではない。
症状としては、
目が白目になり、歯を食いしばり、体が硬直する。
両方の手足を突っ張らせて意識をなくし、
名前を呼んでも反応しなくなる。

このような状態は2~3分でおさまり、
そのあとはほとんどが寝てしまう。
熱性けいれんの発作は、生命にかかわることは、まず、ないが
てんかんや、脳炎、髄膜炎の疑いもあるので
落ち着いてけいれんの様子を見、時間を計っておくとよい
熱性けいれんは、乳幼児期に2~3度経験する人が多く、
はじめて発作を起こした子供の1/3はもう1度くりかえす。
ひきつけ・けいれんを症状とするありふれた病気のなかでは
熱性けいれんがダントツに家族歴、遺伝歴が多い



先々週2日、むすめがひきつけをおこした。
育児書ではざっと目を通していたものの、
目の前にして、そうとう焦りました。。。
わけのわからないものに娘がうばわれていく、、というような恐怖。
今になってみれば大げさに思いますが、その時は
そういった恐怖が一番に立ち、母親ながらそうとう動揺してしまいました
かかりつけの小児科にかけこみ、けいれん止めの座薬にて安静に。
小児科の受付で診察券と保険証が財布から出せないほど
手が震えていたのを覚えています。
翌日の検査でもインフルエンザではないと診断されましたが、
相変わらず高熱が続き、座薬の作用か、
フワフワフラフラと足元がおぼつかず、言葉もレロレロなので
引き続き自宅にて安静。
                         つづく



発作の強烈な症状だったので、脳はどうなっちゃったのか気になったので
調べてみました↓ご参考までに

◆ひきつけ(熱性けいれん)のときの頭の中について
脳が異常に興奮し、混乱状態になったときの症状のひとつ。
体を動かしているときは、脳の中でさまざまな情報を処理している。
そのときに情報は電気信号という形で、
神経細胞から神経細胞へと伝わっていく。
しかし、なんらかの原因で電気がとめどなく流れると、
神経細胞が異常な興奮状態に陥り、周囲の神経細胞をも
次々と興奮の渦に巻き込んでしまう。
脳には「興奮性神経系」(車でいうアクセルのような役割)と
「抑制性神経系」(ブレーキのような役割)の2つの神経系があり、
つねにバランスを保っている。
ところが発熱やなんらかの脳の障害によって、
興奮性神経系が活発に働いたり、あるいは、
抑制性神経系の働きが弱まったりすることがある。
この結果、興奮性神経系が優位になり、
興奮した脳は通常では考えられない指令
体の各部に伝え、ひきつけを起こす。

2009-12-13 23:50 | MY BABY + DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。